FC2ブログ

CSR( Corporate Social Responsibility)

CSR( Corporate Social Responsibility)
企業の社会的責任をいいます。

証券取引法違反で逮捕されたIT関連企業の社長は、「会社は金儲けのためにある」と言ったそうですが、企業も様々な社会の中で活動を続けている以上、自分さえよければそれでいいというわけにはいきません。

会社は営利団体ですから当然、利益は生み出さなければなりません。

しかし、企業を取り巻く様々なステークホルダー(投資家、従業員、地域住民、消費者などの利害関係者)との調和の上での活動でなければなりません。

地域や環境を無視した生産活動をすれば、環境問題などがおき、めぐりめぐっては、企業事態の首をしめることになります。

労働者の権利を考慮しない働き方をさせれば、労働者の意欲は低下し企業の生産力や創造性は失われます。

投資家をないがしろにした、経営人の保守のための経営では
株主代表訴訟を起こされるかもしれません。


企業の信頼性を高め、経営リスクを低減し、従業員の意欲を向上させ、また、あらたなサービスを開拓するためにもCSRはますます重要となってきます。

これは大企業に限った話ではなく、中小企業にこそ重要な事となります。

というのも、労働力は減少傾向にあり、今後、中小企業にとっては労働力の確保は事業を続けるうえでの最重要課題となります。

その時に、法令を遵守せず、、労働者を大事にしない、地球や地域社会から疎まれている企業にはだれも入りたいと思わないでしょう。
優秀な人材を確保し、また、新たなサービス市場を開拓するためにもCSRは不可欠となってくるでしょう。

具体的なCSRの活動は国や地域、企業の様態などによって様々なのですが、次のような活動を軸にして行われます。

1.法令遵守
2.環境保護
3.消費者保護
4.労働者保護
5.人権保護
6.地域社会貢献

これらの活動をすべて同等に完全に行うことは不可能ですし、
また、また、関連者の間で利害関係が相反する事もあります。

ただ、どの項目にしても共通にいえる事は誠実な経営を行うということが基本となります。

テーマ : 企業経営 - ジャンル : ビジネス

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

アクシスケー

Author:アクシスケー
 
会社のよろず相談所
株式会社AXIS-K

会社の設立から運営までトータルにサポートします。
各分野の専門家と提携して、最適なビジネスプランをご提案いたします。

ご相談のご予約は
電話 045-260-4181
またはメールでお気軽に!

サポートメニュー
このブログをリンクに追加する
最新記事
フリーエリア