FC2ブログ

有給休暇

有給休暇は会社が規定を作っていようといなくても法律で必ず与えなければならない事になっています。

年次有給休暇は雇い入れの日から6ヶ月が経過し、全所定営業日の8割以上出勤した労働者に対して、以降1年間に最低10日の権利が発生します。

以後1年たつごとに付与日数は増え、6年半以上になると毎年20日分の権利が発生します。

これは法律で決められた最低ラインですので、会社が独自にそれ以上の有給休暇を制定することはかまいません。
又、週に1日から4日しか働かない労働者についても有給休暇は与えなければならない事になっています。

たとえば週4日働く労働者の場合、勤続6ヶ月で7日、勤続6年半以上で15日の有給休暇を与えなければなりません。

週1日で働く労働者の場合は、勤続6ヶ月で1日、勤続6年半以上で3日となります。

よくパートだから休むと収入が減ってしまうと思っている方がいますが、パートでも長く勤務した場合には同様に有給休暇を請求できる事になっていますので、会社と相談してみてください。

また、年次有給休暇は労働者側の指定した時期にとる事ができます。会社は繁忙期や同時期に有給の請求が集中する場合にしか変更権は認められません。

年がら年中忙しい会社だから、常に有給はとらせないというのは認められません。逆に年がら年中忙しい会社の場合、特別な繁忙期はないという事でいつでも請求できる事になります。

また、有給をとる理由についても労働者の任意でよく、会社側には、病気は認めるけれどパチンコだからだめというような権利は認められません。

有給休暇の時効は2年となりますので、付与日から1年で使いきらなかった分は翌1年まで繰り越せます。

テーマ : 企業経営 - ジャンル : ビジネス

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

アクシスケー

Author:アクシスケー
 
会社のよろず相談所
株式会社AXIS-K

会社の設立から運営までトータルにサポートします。
各分野の専門家と提携して、最適なビジネスプランをご提案いたします。

ご相談のご予約は
電話 045-260-4181
またはメールでお気軽に!

サポートメニュー
このブログをリンクに追加する
最新記事
フリーエリア